垂れないようにしてきたのに…

10代や20代のころはあんなにもツンとしてハリがあった乳房。でもどんどんハリがなくなって垂れてきますよね。バストケア用のナイトブラを寝ているときに着けることで、ボリュームとハリがある形を乳房に覚えさせようとしても、肉体の自然な変化は避けられません。垂れさがった乳房はおばあさんみたいですし、同じサイズのバストでも実際よりも小さめに見えてしまいます。美容整形で垂れた乳房はどうにかならないのでしょうか。

大きなバストの人は…

いわゆる巨乳の人ほど、乳房が垂れてくると目立ちますよね。若いころはセクシーさの象徴であったたわわなバストも、次第におばさんっぽさを感じさせる垂れた状態に…。大きめの乳房の人の場合は、乳房縮小術で垂れた状態を改善することが可能です。本来は大きすぎる乳房をほどほどの大きさにしたい人向けの美容整形なのですが、アンチエイジング的な利用法もあるのです。余分な皮膚と乳腺組織を切除します。乳頭の位置などを変えることも可能です。

小さめのバストの人は

普通サイズの乳房の人はもちろん、小さなサイズの乳房の人だって将来は垂れてくる恐れがあります。乳房を支えるクーパー靭帯は結構簡単に切れたり弱ったりするからです。中くらいから小さめのサイズの場合は、乳輪吊上術か乳房吊上術のどちらかで張りを取り戻します。乳房吊上術は乳輪の周辺の余った皮膚を切ってしまうので、全体的にハリが出るという特徴があります。乳輪吊上術の方は、乳輪の上のほうを切除することで乳輪の位置を変えて下垂を改善するんですよ。

クリトリス包茎のトラブルを解決するために、有意義な治療法が導入されているクリニックの最新の取り組みを調べることが大事です。